第29回「肝臓週間」
令和元年7月22日(月)~7月28日(日)

日時:令和元年7月27日(土)13:00~16:00
対象:一般の方々、医療従事者(入場無料)
場所:函館北洋ビル 8F 大小ホール(函館市若松町15-7)

プログラム

〈総合司会〉赤羽たけみ 奈良県立医科大学消化器・内分泌代謝内科講師

■挨  拶
三代 俊冶 公益財団法人ウイルス肝炎研究財団常務理事

■パネルディスカッション
〈座長〉 市田 隆文 公益財団法人ウイルス肝炎研究財団理事長 坂本 直哉 北海道大学大学院消化器内科教授

〈パネリスト〉
1.ウイルス肝炎患者の疫学状況
田中 純子 広島大学大学院疫学・疾病制御学教授

2.B型肝炎は現在どうなっているか
溝上 雅史 国立国際医療研究センターゲノム医科学プロジェクト長

3.まだまだこわい、C型肝炎
榎本 信幸 山梨大学医学部消化器内科教授

4.お酒と肝臓(肝硬変)の深い関係
日野 啓輔 川崎医科大学肝胆膵内科教授

〈質疑応答〉

主催:公益財団法人 ウイルス肝炎研究財団
共催:一般社団法人 日本肝臓学会
後援:厚生労働省、(公社)日本医師会、(公社)日本薬剤師会、(公社)アルコール健康医学協会、(一財)日本消化器病学会