OUR MISSION公益財団法人ウイルス肝炎
研究財団として

この法人は、肝炎ウイルスに起因する肝炎、肝硬変、肝癌等の研究の推進、診断及び予防方法の普及並びに国内外学術団体等との連絡協調の促進を図ることにより、国民の健康と福祉の向上に寄与することを目的としています。
主な活動としては、 ウイルス肝炎の診断、予防及び治療方法の調査研究並びにその助成、ウイルス肝炎の診断及び予防に関する知識・技術の普及並びに研修、海外の肝炎対策事業への協力、肝炎ウイルスに関する情報収集及び国内外の学術団体との情報交換、その他この法人の目的を達成するために必要な事業です。

  • 肝炎ウイルス
    検査受診率
  • 肝がんによる
    死亡推移
  • 肝がんによる
    死亡数の多い
    都道府県

認識・非認識別にみた肝炎いウイルス検査の上位10都道府県になります。
対象年齢20〜79歳による、『自己申告受検』『非認識受検』『受検していない』のデータになります。

B型肝炎(HBV)

C型肝炎(HCV)

データ元:厚生労働省「人口動態統計」
2000年 2017年
33,981人 27,114人

肝がんの死亡者は西暦2000年以前および2000年以降、ほぼ横ばい傾向であったが、
2011年ぐらいから32,000人を割り込み減少傾向にあります。
(人口10万人対)

データ元:厚生労働省「人口動態統計」より作成

西暦2000年と2017年での比較としてもっとも死亡数の多い上位10都道府県は下図のとおりになります。
(人口10万人対)

データ元:厚生労働省「人口動態統計」より作成
pagetop